美容外科とエステの差

気になるたるみや脂肪をなんとかしたい、肌を若々しくしたい、といような悩みを解決したいと考えた場合、ほとんどの人は美容外科にするか、エステにするか悩むのではないでしょうか。
一見すると、エステも美容外科も痩身、脱毛、美肌などのように同じようなメニューがあります。
では、美容外科とエステはどのように違うのでしょうか?実は、エステと美容外科は大きな違いがあります。
美容外科の場合は治療を医師の資格がある医師が行う医療機関で、エステの場合は医師が治療を行わないということです。
エステの場合は、医師がいないため手術ができないだけでなく、医療機器ももちろん扱うことができません。

使う薬剤に関しても、エステでは医療行為が認可されていないため、扱うことができる薬剤などが制約されます。
一方、美容外科の場合は、濃い成分濃度の薬剤を使うことができるため、高い効果をエステより期待することができるメリットがあります。
全て美容外科の施術は医療行為であるため、エステより負担が体にかかる危険もありますが、極力体への負担を少なくした治療の方法が近年は多く採用されてきています。

簡単に言うと、効果を期待するのであれば美容外科、リラクゼーションと効果のゆるやかなものを期待するのであればエステということでしょう。
是非、直接美容外科とエステに行ってみて、メニュー内容や雰囲気を確認してみましょう。
本サイトでは、脱毛メニューで比較、美容外科は医療機関、トラブルの対処方法、についてご紹介します。



▼推奨サイト▼
痩身、脱毛、美肌など美容外科の施術内容はこちらのサイトが参考になります → → 美容外科

Copyright © 2014 美容外科とエステの違いって? All Rights Reserved.